お知らせ

令和元年度 第6回N-HEC休会のお知らせ

2020年2月28日 金曜日

コロナウイルス感染のさらなる拡大が懸念される現状にあり、

3月22日に予定しておりました学習会は休会とします。

現在のところ、4月は学習会を開催する予定ですが、今後の予定につきましては追ってお知らせをいたします。

 

令和元年度 第5回N-HECを開催しました(2月8日開催)

2020年2月17日 月曜日

今回は、前回のアクションリサーチの基礎的な学習内容を踏まえて「ケアリングプラクシス 第13章」*1を抄読し、ニューマン理論に基づいたアクションリサーチの実際を学びました。この章は、日本の病院で看護研究者と臨床ナースが取り組んだミューチュアルアクションリサーチを紹介しています。ミューチュアル(mutual)とは「相互の」を意味しており、研究者と参加者の相互依存的な関係を大変重視します。そのため、よりニューマン理論に馴染む研究デザインです。

このアクションリサーチでは、8つの局面があり、局面1~4までがプロジェクトの準備段階、後半の局面5~8が実践の段階と言えます。まず、準備段階ではニューマン理論を実践に適用するために参加者(臨床ナース)が理論を理解できるよう支援すること、対話ができる豊かな環境づくり、そして参加者の“願い”を明確化していきます。この段階でのポイントのひとつは、“問題”ではなく“願い”を明確にするということです。このアクションリサーチ(プロジェクト、と言った方が適切かもしれません)は、問題が解決できれば達成されるのではなく、こうなって欲しいという願いをもって臨むことで、新たな成果を生むのだと解釈し、プロジェクトに携わる全ての人の意識が拡張していくプロセスの出発点は、実現したいと願っていることの明確化であることを学びました。問題を見出そうとすると、原因を追究したくなったり、批判する対象(人や状況)が生まれます。そうではなく同じ願いを持つことで、参加者の力がより発揮されるのだと思います。

そして、実践の段階では一人ひとりのナースが看護実践の過程で幾度も立ち止まり、自分と向き合って「自己のパターンを認識」することが何よりも重要で、それによってチーム全体の進化(意識の拡張)が導かれるだと分かりました。

この学習会では、何かに縛られず会話が出来る―表現は難しいのですが―自然体で話をしている自分に気づきます。今回は、この学習会に参加して「自分が変わったと思うこと」を参加者それぞれが話しました。看護の実践の場面で患者との関係性をより大切にしている、自分を意識するようになった、患者は私たちとは思考が違うことに気づいて関りが変わった、相手のパターンを知ろうとするなどの発言がありました。私たちの自分理解や自分の成長もこの学習会だからこそ、恥ずかしがらずに言葉にできます。興味を持たれた方は是非、この学習会に気軽に参加してみて下さい。

*1 遠藤恵美子ほか(2005/2013),第13章アクションリサーチチームの創出,キャロル・ピカード他(著)遠藤恵美子(監訳),ケアリングプラクシス,(pp.191-202).すぴか書房

令和元年度 第4回N-HECを開催しました(12月14日)

2020年1月15日 水曜日

 少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年も楽しく学びながら、日々の看護実践や教育の活力を得られるような学習会を、参加者みんなで作っていきたと思います。どうぞよろしくお願いします。

前回の事例検討で、参加者のAさんは、失語症患者Bさんの思いをナース達が理解できず、Bさんと距離を取ろうとしてしまうことに対して「あんなにサインを出しているのに、なぜ訴えがわからないのだろう」と悩んでいることを話してくれました。そして、Aさんが患者さんの全体をありまま捉えようとする看護実践が波及し、「I care you」が伝えられるよりよい病棟環境をつくるにはどうすれば良いのかと対話をしました。

そこで今回は、アクションリサーチが役に立つかもしれないと考え、書籍(筒井真由美(編)研究と実践をつなぐアクションリサーチ入門 看護研究の新たなステージへ,ライフサポート社,2010)を用いて、アクションリサーチについて学習しました。アクションリサーチは、客観性や妥当性・一般化をめざした実証主義の(いうなれば量的な)研究とは違い、特定の現場に起きている特定の出来事に焦点を当て、そこに潜む問題に向けた解決策を現場の人と共に探り、状況が変化することを目指すものです。実践と研究は分離できないというニューマン・プラクシスと非常に馴染む研究デザインであり、遠藤恵美子先生を中心に、ニューマン理論に基づく看護実践研究として複数報告されています。アクションリサーチは社会学者のLewinが創始者であり、全体論を唱えるゲシュタルト心理学や集団力学(グループダイナミックス)を基盤においています。つまり、「いま、ここ」に目を向けて、集団を構成するメンバー同士の相互作用に注目すること、そして、相互作用しあう仲間が共に行動を起こし、解決に向かうように導くことであるといえます。

アクションリサーチのプロセスでは、何度も立ち止まって状況を振り返るリフレクションが欠かせないということを学びました。また、研究者がどのように関与するのかが重要で、当事者とは違った視点でその状況を見ることができるのではないかと感じました。私たちの学習会でも、それぞれの違った立場での意見は大変貴重であり、違った発想に目から鱗が落ちることがあります。

 学習を終えて、本日の参加者からは「研究としては難しいけれど、毎日の看護実践には活用できそう」「初めて知ったけどニューマン理論に近いから理解しやすい」という声があがりました。そこで次回は、ニューマン理論におけるアクションリサーチの実際について研究論文を用いて、実践的に活用する方法を具体的に考えたいと思います。

 

今回は、新しい仲間がひとり増えました。それぞれ色々な立場の人たちとの学習は、新しい発見があります。どなたも大歓迎です、是非ご参加ください。

令和元年度 第3回N-HECを開催しました(11月9日)

2019年12月18日 水曜日

前回の学習会に引き続き、David Bohmの「ダイアローグ」を抄読しました。

この章は、以前にも抄読したのですが、もう一度基本的な対話の考え方を学びたい、という参加者の要望があったためです。

参加者の中には、初めて読む人も2度目の人もいましたが、それぞれに対話がニューマン理論のなかで非常に重要視されている意味が理解できたようです。

結論を求めず、話の流れを操作しようとしないこと、そして、相手の語りをありのままに聞き、評価しないこと。

これは、ケアを必要とする人とのパートナーシップを組むナースの姿勢そのものです。

しかし、私たちはこれまで、「アセスメント」することを訓練されてきています。そのために、常に相手の言動を評価し「良いか悪いか」捉えがちです。

対話に臨むときは、このような自分自身をも受け止め、そこに留まる努力(?)が必要でないかと思いました。

 

本日は、参加者の一人(Aさん)がある失語症患者の看護実践を報告してくれました。

その患者が表現できる言葉は非常に数少なく、病棟スタッフには分かり難いものだったようです。

しかし、Aさんには患者が何を望んでいるのか、ありありと見えるというのです。そして、「なぜみんなは患者の声を聞いてくれないのだろう」と

フラストレーションを抱えていることも素直に語ってくれました。

私には、Aさんが患者を「言葉」から理解しようとしているだけでなく、「パターン」から捉えていると感じました。

つまり、患者の表情や声のトーン、訴える時間帯など、その時の状況を汲み、看護を実践しているように見えたのです。

他の参加者からは、Aさんに対し、他のナースがその患者のニーズを捉えられないことを不満に思うよりも、

Aさんがその患者を捉える視点や看護実践を、実際にナース達に見てもらってはどうか、そうすると病棟の看護が変わるかもしれないという考えが述べられました。

Aさんは、これまでの経験に加えてニューマン理論を学ぶことで、より看護実践が豊かになったのでしょう。

このAさんの看護が病棟に浸透し、変化を起こすことが楽しみに思えます。

 

本日は、新しい仲間が一人参加してくれました。

小さな学習会ですが、少しずつ仲間を増やしていきたいと思います。

 

令和元年度 第2回N-HECを開催しました(9月7日)

2019年9月30日 月曜日

今回のN-HECでは、前回抄読した論文「Pattern of Expanding Consciousness in Midlife Womed:Creative Movemenr and the Narrative as Modes of Expression」に関連して

デヴィッド・ボーム著,金井真弓訳「ダイアローグ」(英二出版)の第5章「見るものと見られるもの」第6章「保留、肉体、自己受容感覚」を抄読しました。

「ダイアローグ」は昨年度に第2章「対話とは何か」を学習し、対話は結論を求めず自分と異なる意見・想定にも耳を傾け、‟どちらが良いか”といった二元論的な考えではなく

新たな思考を生み出す弁証法が基盤であることを知りました。

5章、6章では様々な概念が取り扱われていますが(やや難解です)、私が最も印象に残ったのは「自己受容感覚」です。これは、「自己認識」と同義であると説明されています。

通常私たちは自分の手足が自分のもので、自分が動かしていることを認識しています。他動的に手足を動かされた場合には、「私の手足」であるが、自分が動かしたのではないと分かります。

それでは、思考はどうだろうか?思考にも自己受容感覚があるのだろうか、という疑問が提起されています。

そして、「本来、思考と感情、行動を繋ぐ唯一のものは人の中心にある「存在」であり・・・・すべてのものがその人間の中を通っていく。

しかし、実際は、思考と感情がそれぞれ別のプロセスとして動いている証拠が見つかるだろう。それらは‟私”の中を通過していない。

‟私”が生み出したものでも、経験したものでもないのである(p.158-159)」と述べられています。

日常のなかで、自分の思考がなぜ生じて、どのようなプロセスを経たのかを追求することはほとんどありません。

ニューマン・プラクシスによる看護師の関わりによって、患者や家族は自己洞察します。これは、自己受容感覚を働かせるということなのかもしれない、と考えました。

しかし、ボームが伝えたいことや、この概念がどのようにニューマン理論に関連しているのか、まだまだ学習が足りません。

学習会の参加者も、対話についてもっと理解を深めたい、と思ったようでした。そこで、次回は改めて「対話とは何か」をみんなで学習することにしたいと思います。

 

今回は、一人の参加者が過去に出会った、心に残る患者との出来事を話してくれました。

それは、患者の声を捉え思いに沿うことを大切にしてきたナースが、患者の最期に患者の思いを聞けなかったという後悔でした。

ナースは、その患者に対する最善をいつも考えて看護をしていますが、予測不可能な出来事が起こります。そんなとき、自分の何がいけなかったのかと後悔や自責をして苦しむこともあります。

事例検討は、今後の看護実践をより良くするだけでなく、ナースの中にあるわだかまりを否定的なまま終わらせず、新しい見方を生みだすためのものであると考えています。

ここでは何を話しても良い、という安心感の中で看護を語りあうことを続けていきたいと思っています。

 

 

令和元年度 第1回N-HECを開催しました(7月20日)

2019年7月22日 月曜日

令和になり、第1回目の学習会を開催しました。

今年度は学習会開催施設の都合等から第1回目が7月とやや遅いスタートになりました。今年度も、小さな一歩を重ねて前進していきたいと思います。

今回、抄読した論文はCarol Picardの論文(Nursing  Science Quarterly ,13(2),2000,150-157)「Pattern of Expanding Consciousness in Midlife Womed:Creative Movemenr and the Narrative as Modes of Expression」です。

これは、創造的な運動とナラティブという方法で自己のパターンを認識を支える実践研究でした。

これまで、語ることで自己洞察しパターン認識していくプロセスを多くの文献で学んできましたが、体を使って表現することがどのようにパターン認識に繋がるのか興味深いものでした。この運動はグループで行われており、自分の運動を他者に見られるということが重要なのだと言います。

日本人の(私の?)感覚ではみられることが恥ずかしいと思いがちですが、見られる=受け入れられているという安心できる環境として意味があるようです。

この論文では、インタビューによる人生の意味深い出来事に関する語りの逐語録と運動のビデを録画を丁寧に照らし合わせ、「表象図」を描き、参加者にフィードバックするという方法でした。

参加者が個々の人生をどのように表現したのか、細かな描写があり、学習会に参加したメンバーも同じようにポーズをとるなどして、イメージを膨らませました。

抄読後は、「空間・時間・運動」というパターンの要素についてこれまで学習してきたことを振り返りながらディスカッションしました。

今回のように、意図的に体の動きで表現することは日常では殆どありませんが、私たちの何気ないしぐさや行動にパターンは表れていることを再認識しました。

以前、遠藤先生が「離れたところから、後ろ姿でもあの人だって分かるでしょ、動きや身だしなみといったその人が表れているのよ」と教えて頂いたことを思い出します。

今回の学習で「空間・時間・運動」の概念について理解が少し進んだように思います。

 

 

 

H30年度 第7回N-HECを開催しました(1月12日開催)

2019年1月15日 火曜日

2019年がスタートしました。

今回は、新年会で参加者の皆さんと食事をしながら様々なお話をして親睦を深めた後

昨年12月18日にご逝去されたニューマン博士の功績を称え、対話を持ちました。

「ニューマン理論との出会いは、患者さんや看護の見方を大きく変えた。これは、日々の看護実践に活かされている」

「これまで看護実践で大事にしてきたことや学んだことを言葉にしてくれる理論に出会えた」

「これまで理論は臨床にはあまり関係がないことだと思っていたが、理論によって看護が変わることが分かった」

など、それぞれがニューマン理論に対する思いを語りました。

ニューマン理論に魅了される看護師がいる限り、理論は発展していきます。しかし、理論は実践で使わなければ発展しません。

私たちも、理論を学んで自分の理解にするだけではなく、実践に一歩踏み出さねばならない、と思いました。

その後は、「ケアリングプラクシス」の第9章を抄読しました。この章は、認知症と共に生きる人のパターンについて書かれています。

認知症の患者さんの"やすらぎ環境”とはどのようなものか・・・

抄読後の対話によって、施設入所などの環境の変化は認知症患者のパターンと衝突を起こし、結果としてせん妄などを引き起こすこと、

患者さんがどのような人生を辿ってきたのか、今どのようなことを好み、大切にしたいのかを知ることで、

その患者さんを理解することが非常に重要であるということが分かりました。

患者さんのパターンが分かれば、どのように日常生活を支援するとよいのか、自ずと見えてくるのではないでしょうか。

様々な状況にある患者さんや家族に対し、ニューマン理論の適応可能性を今後も考えていきたいと思います。

 

 

H30年度 第6回学習会を開催しました(12月6日開催)

2019年1月15日 火曜日

今回は、11月のニューマン理論・研究・実践研究会の対話集会での発表報告と事例検討を行いました。

対話集会では、N-HECから木村智美さんが発表をしました。

発表を振り返り、木村さんは印象深い患者さんへとのかかわりを通じて、自分のケアパターンを認識したこと

そのプロセスは辛くもあったが、看護師として生きていくうえで欠かせないことであったと話してくれました。

対話集会では、参加者の看護に対する熱い思いを持った看護師に大勢出逢い、勇気づけられたそうです。

詳細はこちらのニューズレターをご覧ください。

http://www.newmanpraxis.gr.jp/

後半は、ある女性がん患者さんが、突然に自分の過去について語りはじめ、A看護師と心を通わせた事例を共有しました。

患者さんの物語は、A看護師の体験と共通することが多く、対話は尽きなかったそうです。

A看護師は、「なぜ今、突然私に過去を語ったのだろう、多くの一致する体験は偶然なのだろうか」と不思議に思っていました。

参加者からは「A看護師のそれまでの何気ない関わりが、その患者に語りたいという思いを起こさせたのでは」

看護師が言葉でI care you のメッセージは伝えていなくても、その人に関心を注ぐことで、患者は語ることができるのかもしれません。

また、その時間、環境といった状況も関係があるのかもしれません。

そう思うと、その時のケアは一生に一度しかなく、尊いものです。患者さんや家族、あるいは学生に対して、一度きりの関わりを大切にしたいと思いました。

第5回N-HECを開催しました(9月6日)

2018年11月6日 火曜日

今回は、来月に控えた「ニューマン理論・研究・実践研究会」の対話集会にむけた予演を行いました。

これまで、一緒に事例を検討してきたメンバーが発表を聞き、「ナースの気持ちが手に取るようにわかる」

「事例を振り返ったことで、こんな気づきがあったんだ」と、関心をもって聞いていました。

来月の対話集会では、この話題提供が大きな対話の輪を生むことを期待したいと思います。

後半は、論文の抄読をしました。本日の論文は

「宮原知子(2018)緩和ケア病棟における患者と家族にとっての意味深いケア環境の創出過程の可視化

~ミューチュアル・アクションリサーチの手法を用いて~,日本がん看護学会誌,32巻,p78-87」

です、病棟師長である著者が、病棟看護師と共に20回にわたる対話を通じて、病棟の看護、つまりは患者と家族にとっての環境を変容させていくプロセスが報告されていました。

抄読を終えた後、参加者からは「これを成し遂げるには、スタッフみんなが取り組むことに意義を感じ、モチベーションを維持することが重要だろう」

との声が上がりました。忙しい病棟の中で、長期的に対話の会を持つことは多大な苦労があるからこそ、アクションリサーチの初期段階の

参加する人がみんなの願いを明らかにすることは非常に重要であると感じました。

この論文のように、ニューマン理論に基づく実践が、日常の看護に根付いていくことは、簡単なことではありません。

しかし、ニューマン理論を学び、実践に取り入れるナースが1人でもいれば、きっと周囲のナースも影響を受け、その部署の看護は変わると思います。

可能性を信じて、学習を継続したいと思います。

 

H30年度 第4回N-HECを開催しました(7月14日)

2018年7月20日 金曜日

今回は、前回に引き続き、事例の振り返りをしました。

しかし、まずはニューマン理論における倫理の考え方を確認しておく必要があると思い、「ケアリング・プラクシス 第3章 看護倫理とケアリング」を抄読しました。

ニューマン理論における倫理は、全ての人への適応を前提とした「倫理規則」とは違います。

目の前の患者さんにとっての最善を考え、ナースが自己のセンターに立つ「徳の倫理」です。それは、時にはルールに沿わないこともあります。

自己のセンターに立つ、ということは、ナースの勝手な思い込みではなく、患者さん(および家族)と共鳴し、相手を深く理解すること無くしてはあり得ません。

ケアリングは、様々な定義があり、抽象的な概念です。ニューマン理論では、「相手を知りたいと願うこと、相手の成長を信じて共に居る(物理的距離ではなく)こと」であると、理解しています。

この前提に立てば、毎日の看護実践はとても豊かになり、短い時間であってもケアリングの関係は築けるのではないかと思います。

後半の事例の振り返りでは、前回Aさんが語ってくれた内容を、ありのままに図と文字で示したものを用いてみました。

Aさんは、「そうか、そうだった、私はその時、そう思っていたんだ。」と何度もつぶやき、納得をしていました。やはり、自分自身を客観的に見つめるには、非常に意味があることだったようです。

参加者からは、Aさんと患者Bさんの変化がありありと分かるという声が上がり、パートナーシップの始まりや両者の囚われていたものなど、気付きを共有しあいました。

この詳細は、10月28日に首都大学東京で行われる、対話集会で発表します。ご興味のある方は、是非ご参加ください。