お知らせ

H29年度 第2回N-HECを開催しました(5月20日)

2017年5月22日 月曜日

5月20日(土)に、第2回N-HECを開催いたしました。

今回は、婦人科外来看護師である参加者が体験した、印象深い患者さんの事例について、

ニューマン理論の眼鏡をかけてじっくりと検討をしました。

参加者は、がん治療に関する意思決定を迫られた患者さんの辛さ、目の前の患者さんを助けたいというナースの思いに心を寄せ、事例に入り込みました。

「I care you」をいつ、どのような言葉で伝えれば、患者さんのパターン認識を促進できるのだろうか?

外来という場で、ニューマン理論に基づくケアを実践するにはどうすれば良いのか?

ヤングの意識の進化のスペクトルでみるなら、患者さんはこのとき、どの進化の局面?

この事例を通じて、ナース自身はどう変化したのだろうか?

・・などなど、多岐にわたる側面から途絶えることなくディスカッションが続きました。

そして、ディスカッションしながら、患者さんとその大切な人の関係を表象図に表してみました。

すると、「何だか違う」という違和感も生まれ、どうすればパターン認識を促す表象図になるのか、あれこれと頭をひねりました。(以下、試行錯誤の産物です)

学習会の最後には、事例提供者であるナースは「自分の看護を客観視できた。この場面で、このように患者さんを捉えていれば、ケアが変わっただろうと思う。これから出会う患者さんに、この気づきを活かしたケアをしたい」と感想を述べていました。

これからも、私たちは事例を通じて実践と理論を繋ぐ試みを継続していきます。

みなさんも是非、仲間になってください。

 

H29年度 第1回N-HECを開催しました(4月15日)

2017年4月17日 月曜日

H29年度の第1回N-HECを開催しました。

今回は、ニューマン博士の「The Pattern that connents」を抄読しました。

論文に書かれていた内容は、これまで読んできた論文のまとめのような内容でしたが

改めて、様々な学問や知を統合するパターンという概念について学びました。

私たちは、看護実践の中でも教育活動の中でも「これは良い、悪い」という認識で行動することが多くあります。

それは当然、大切なこともたくさんあります。しかし、新たな知の創造においては、両者を含み、それを超えることが重要です。

「こうあるべきだ」という固定観念を捨て、全てのものを受け入れる寛容さ、柔軟さが大切であると思いました。

また、抄読後のディスカッションでは、患者さんや家族が不調和を起こしている反応をキャッチする、看護師の感性が話題にのぼりました。

参加者の体験を聞きながら、ニューマン理論を学ぶことが、この力を育むひとつの機会になっていると感じました。

後半の事例検討は、救急病棟での終末期ケアに関して、2つの事例提供がありました。

ニューマン理論を意図した介入ではなかったものの、看護師が投げかけた一言が、患者の家族のパターン認識を促し

家族の行動が変わるきっかけになったのではないか・・と意見がありました。

難しい場面の関わりだからこそ、理論に導かれた質の高い看護実践が求められることを痛感しました。

 

H29年度N-HECのお知らせ

2017年3月22日 水曜日

H29年度のN-HEC開催日程をお知らせいたします。

但し、日程は変更の可能性があります。変更につきましては、HPで適宜お知らせを致します。

基本的には、第2土曜日を定例開催としております。時間は、今年度より13:30~17:00です。

415日,520日,610日,78日,99日 

1014日,1111日,1月未定217日,310日

是非、ご参加ください!

H28年度 第6回N-HECを開催しました(1月21日)

2017年1月26日 木曜日

2017年、1月21日(土)に今年度第6回のN-HECを開催しました。

今回は、危機をテーマとしてニューマン理論・プラクシスの理解に努めました。

まずはRapoportの論文「危機状態の理論的考察」を抄読し、危機とは何か、ニューマン理論との接点はあるのかをディスカッションしました。

複数の理論において、危機は災難や外的な脅威というだけでなく、成長を促進する可能性を持ち、新たな行動の呼び起こしとなると述べられています。

ニューマン理論では、私たちの知る範囲では危機crisisについて述べられていません。しかし、混沌chaosは人間がさらに高いレベルの健康を得るための

自己組織化の最中と捉えていることから、危機理論はニューマン理論との共通点が多くあることが分かりました。

これまで、ニューマン理論に関する論文を抄読してきましたが、このように違った角度から理論を見てみると、さらにニューマン理論が正しく理解できるのではないかと思います。

今回は、事例展開の時間が無くなる程、ニューマンプラクシスや日々の看護での気付きについてディスカッションが弾みました。

「ねばならない」ではなく、参加者が関心のあることを楽しく語り合えるようなN-HECに成長してきたようにも思えます。

次回は、2月18日(土)です。3月と4月は休会となります。どなたでも是非お気軽にお越しください。

今年もN-HECをどうぞよろしくお願いいたします。

H28年度第5回N-HECを開催しました(11月26日)

2016年12月1日 木曜日

今回、抄読した論文はBeteman G.C「Newmn’s theory of health as expanding conscious:A personal evolution」です。

この論文は、ニューマン・プラクシスにおけるパートナーシップによって患者や家族のみならず、看護師自身に生じる進化(成長)をテーマとしたものでした。

これまでは、ニューマン・プラクシスの方法を理解することに努めてきましたが、今回の論文では、患者と家族、看護師自身の進化は

方法論の理解だけでは不十分で、「看護師としての私」のありようが重要であることを参加者一同、痛感しました。

事例検討では、患者を巡る人々との関係性を表象図に表し、ディスカッションをしました。

矢印の太さや長さ、形など、どうすればパターンを表すことができるのかを考えながらも、事例提供者の素晴らしい看護実践に賞賛の声が上がりました。

事例検討は、看護の魅力を再確認し、明日からの看護に力を与えてくれるものです。これからも、事例検討を大切にしていきたいと思います。

 

H28年度 第4回N-HECを開催しました(10月15日)

2016年10月15日 土曜日

第4回N-HECを開催いたしました。

今回は、ニューマン理論に基づく実践研究の国内論文2本を抄読し、ディスカッションをしました。

ニューマン博士が提唱する「解釈学的弁証法」とは何か、以前抄読した論文やヘーゲルの主張を辿って検討したり

研究として実践に取り組む際に戸惑うであろうことは何か、

研究者である「私」が自分の価値観を捨て、参加者の語りに意味を見出すことの大切さについてなど

簡単とは言えない内容のディスカッションではありますが、参加者みんなが探究することの面白さを実感した時間でもありました。

また、「日頃の看護実践を振り返ること」の意義が明確になり、N-HECはそのためにも継続していかねば!と思えました。

次回は11月26日(土)です。ご参加をお待ちしております。

H28年度 第3回N-HECを開催しました(7月23日)

2016年7月25日 月曜日

7月23日に今年度第3回N-HECを開催しました。

今回は、初の試みとして、参加者からご提供いただいた一事例をじっくりと検討しました。

事例からは、患者さんの看護に苦悩するナースの様子が手に取るように分かるものでした。

事例を提供してくださった方の「何とかナースを助けたい」という“I care you”の真摯な思いや、そのナースが秘めている力を信じ

愛情をもって見守っておられる姿に感激をしました。

過去1年間、事例検討を行ってきましたが、今回改めて気づいたことは、参加者の事例の捉え方が変わってきた、ということです。

以前は「なぜそうなったのか」という原因や、「もっとこうすればいいのに」といった、方法論にばかり着目していたのですが

今回は「このナースはこんなパターンなのではないか。表象図にするならこんなイメージ」「ナースとパートナーを組むとどうなるだろう」という見方に変化しているように感じました。

そして事例検討後、参加者より「改めて自分の看護や教育を振り返ることが出来た」「明日からの励みになる」といった反応を頂きました。

一歩ずつではありますが、N-HECが皆さんと共に前進していることを実感しています。

これからも、小さな一歩を積み重ねながら、ニューマン理論がどんどん臨床に活用されるよう、学習会を継続して参ります!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次回は9月17日(土)14時~の予定です。皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。

H28年度 第2回N-HECを開催しました(6月18日)

2016年6月21日 火曜日

6月18日に第2回N-HECを開催しました。

今回は、Cowling W.Rの論文「A unitary participatory vision of nursing  knowledge」を抄読しました。

聞きなれない言葉がたくさんあり、参加者は頭をひねりながら抄読に取り組みました。

これまで、パートナーシップを組む意味や、パターン認識を支援するための表象図の意義については話題になっていましたが

ニューマン博士以外の論文を通じて、ディスカッションをしたのは初めてです。

論文を抄読した後、感想や気づきを述べたり、ニューマン理論書の関連個所を確認したりと、

全てが分かったとはいえないものの、Cowlingによる全体性とアクションリサーチの世界観は、

ニューマン理論におけるパートナーシップやパターン認識の理解を助けてくれました。

学習会までに論文を翻訳して紹介をしてくださった方、参加者の皆様、ありがとうございました。

そして、後半は過去に検討した事例を表象図に表す試みでした。

ニューマン理論に基づいた看護実践の事例ではなかったために、患者さんと家族のパターンを表象図に書き表すことが難しくはありましたが

「あのとき、もしもパートナーを組んでいたら、看護はどう変わっていたか?」など、時間を忘れて話し合いました。

その結果、事例を提供してくださった方は、自分自身が患者さんと家族を捉え方の傾向にきづくことができました。

 

皆さんも、是非一緒に学習をしませんか?初めての方も大歓迎です。まずは一度、お気軽にご参加ください。

 

H28年度 第1回NHECを開催しました(5月28日)

2016年5月29日 日曜日

5月28日(土)、平成28n年度第1回NHECを開催いたしました。

今回は、新たな1年のスタートということで、学習会の前に親睦会を行いました。

お仕事の都合などにより、親睦会の参加者は少なかったですが、ニューマン理論に出会ったきっかけやその魅力、

その他、日ごろの看護についてやそれ以外の様々な会話で盛り上がりました。

今回の学習会では、昨年度1年間試行錯誤しながら紐解いてきた、ニューマン理論の主要な概念「ケアリング」「運動」をテーマとしました。

抄読を通じて、まだまだ理解できないと頭を抱えながらも、1年前に比べるとずいぶん分かることも増えてきたことを実感しました。

事例検討では、以前検討した事例をもう一度振り返り、ナースがパートナーシップを組むのは「今だ!」と思える瞬間はどんな時なのか?

プラクシスの手順は書籍から理解できるものの、実際にどんな言葉をかければいいのかなど、実践にむけた検討が行われました。

その中で、ナースがパートナーシップを組みたいと切りだす前の関係性や、ナースが醸し出す雰囲気は非常に重要であり、普段から“ I care you”をノンバーバルに伝えられるようになりたいという声がありました。

今回も、みんなで学んでいることを実感できる、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

次回は6月18日です。また皆さんとお会いできることを楽しみにお待ちしております!

第6回NHECを開催しました

2016年3月22日 火曜日

3月19日、第6回のNHECを開催いたしました。

今回の学習会では、1997年のニューマン博士の論文を手掛かりに、ニューマン理論における「プラクシス」についてディスカッションをしました。

抄読を通じて、これまで学習してきたパターンや意識の意味について再確認したり、あらたな関心を導くことが出来ました。

まだまだ分からないことばかりですが、少しずつ分かっていける喜びを実感し、学習を重ねることの意義を痛感しています。

後半の事例検討では、はじめて事例患者さんの表象図を描く試みをしました。

文章ではなく表象図で表現することによって、事例患者さんやご家族の関係性により注目できることに気付き・・・つまりは、

患者さんのパターンを重視した検討ができました。参加者それぞれの観点で意見を述べ合うことで、これまでみえなかった関係性が見え、患者さんと家族の成長を捉えることが可能になりました。

今回の学習会では、表象図に描くことの意味を体験できたと言ってもよいでしょう!今後も、事例を表象図に描くという試みは継続できれば・・と考えています。

NHECが誕生してから約1年が経とうとしています。今以上に皆様に気軽に参加していただけるよう、来年度は学習会の開催回数を増やし、会員制も導入します。参加者との交流が図れるようなイベントも検討中です。

ニューマン理論を学習してみたい、という方に限らず、日ごろは忙しくて看護を省みる時間すらないと思っておられる臨床ナース、施設の枠を超え、志を同じくする仲間を見つけたいと思われる方・・・

私たちは、そのような皆様のご参加をお待ちしております。