お知らせ

第5回NHECを開催しました

2016年1月25日 月曜日

DSCN8776 DSCN8771

H28年1月23日(土)に、第5回NHECを開催いたしました。

ここ最近では例をみない大寒波が到来するといわれる中、9名の皆様に参加していただきました。

今回のNHECは、ニューマン博士の2つの論文を抄読した後、ディスカッションを行いました。

 論文は1997年と2003年に書かれたものですが、理論のルーツに触れることによって

「これまでの疑問が解決した」「腑に落ちた」といった意見だけではなく、

救急やクリティカルの現場での理論の活用可能性、事例を蓄積することの大切さなど

様々な視点で自由にディスカッションが行われました。

後半は、実際にニューマン理論を活用して看護介入を行った事例を検討しました。

参加者の一番の関心は「どのようなタイミングで、どのような言葉を掛けて対話に誘うのか」といった

パートナーシップの始まりと、パートナーシップの終わりについてでした。

以前もこの件については疑問が湧き、ディスカッションをしたことがあります。

しかし、今回は事例を通して検討することによって、より実践に即した効果的なディスカッションになり、時間を忘れてしまうほどでした。

 

終了後には、参加者より「NHECに参加することで、日ごろの看護のモチベーションを保てる」という大変嬉しい声を聞かせていただきました。

皆様も、ニューマン理論を学び、日ごろの看護を振り返りませんか?

まだまだ看護は良くなる、という可能性を一緒に探ってみませんか?

写真のように、とてもラフな学習会ですので、是非一度覗きに来てください。

次回は3月19日(土)に開催します。詳細は、後日HPにてお知らせをいたします。ご参加をお待ちしております!

 

 

第4回NHECを開催しました

2015年11月29日 日曜日

次回は1月23日、主要概念「パターン(パターン認識)」の理解、そして事例検討を予定しております。

11月28日、第4回NHECを開催いたしました。

今回の参加者は10名で、遠方からも2名ご参加いただきました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今回は、主要概念の理解として「健康」「運動(動き」について抄読・ディスカッションを行いました。

言葉の理解は容易ではなく、理論書に書かれている内容を読み解くことに時間がかかります。

参加者それぞれの理解を確かめながら、時に臨床での場面と結びつけながら意見交換をしました。

次いで、2グループに分かれ、事例検討を行いました。

事例の検討は、卵巣がん患者さんとご家族の事例について、まずは自分自身の考えを語り、

次いで全体性のパラダイムで捉えてみる、さらにパートナーシップを組むには?とディスカッションは発展しました。

学習会終了後も、参加者同士の情報交換や日々の看護の困りごとなど、話は尽きず盛り上がりました。

 

NHECでは、臨床の経験年数が何年であっても、どのような立場であっても「~さん」と互いを呼び合い、

ラフに何でも話せることをモットーとしております。

また、多岐にわたる領域の方にご参加いただき、それぞれの領域での理論活用の可能性を検討していきたいと思っております。

次回は平成28年1月23日(土)14時~17時です。ご参加をお待ちしております。

 

第3回NHECを開催しました

2015年9月13日 日曜日

9月12日(土)に第3回NHECを開催しました。

今回のテーマは、ニューマン理論の主要概念である「意識」と「ケアリング」について理論書を紐解きながら理解に努めました。

容易に理解ができないことだからこそ、参加者全員が自分の理解や疑問についてディスカッションし、大いに盛り上がりました。

後半は、事例検討を行いました。それぞれが自分の経験からナースとしてどう患者や家族に関わるか、

そしてニューマン理論に導かれたとき、その実践に違いはあるのか?など、フリーに討議をしました。

学習会は「どんな意見も受け入れる」ことを大切に、参加者のディスカッションを第一に考えています。

これからも、このスタイルでみんなで学び合う会にしたいと思います。

次回は、今回の学習会で湧いた疑問に基づき、「ニューマン理論における健康:意識の拡張」について、

そして「パターン認識」「運動」などについて学習していく計画です。ご参加をお待ちしております!!

第2回NHECを開催しました

2015年7月28日 火曜日

7月25日、第2回NHECを開催いたしました。今回の参加者、臨床ナース・教育機関より13名でした。がん看護の印象が強いニューマン理論ですが、小児看護、救急、外来看護、老年看護など・・・様々な分野でご活躍されている方がご参加くださいました。

前半は、第1回で明らかになった疑問をもとに、ニューマン・プラクシスのプロセスとは?理論が発展した背景は?など、ディスカッションを行いました。後半は、小グループで事例検討を行いました。事例の現象は、ニューマン理論でみるとどういう意味なのだろうか?どうすれば患者さんと家族とパートナーシップを組むことができるのだろうか?など、それぞれのグループがここまで学んできた知識を用て、活発な意見交換を行いました。また、グループワークを通じて、参加者間の交流も深まったようです。

参加者からは「事例検討によって、理論と実践がつながったように思う」「ニューマン理論に基づく実践を行うための理論の知識を少しずつ獲得していきたい」「理論に触れてから、原因や結果にこだわらなくなっている自分に気づいた」などの意見を頂きました。

NHECは、小規模ですが参加者が自由に楽しく意見を述べ合い、交流し合う場でもあります。日ごろの看護を意味づけ、そして「やっぱり看護は楽しい」と思える機会になると思います。第3回NHECは9月12日(土)です。どうぞご参加ください!

第1回NHECを開催しました

2015年6月2日 火曜日

5月30日、第1回NHECを開催いたしました。

臨床のナース、教育機関から30名に参加していただきました。

今後ニューマン理論を活用して看護実践を行うため、看護実践を振り返るために

ニューマン理論の基礎となる知識、ニューマン理論に基づく看護実践について文献抄読とディスカッションを行いました。

ディスカッションをすることで、遠藤先生の講演会では、何となく分かったつもりでいたけれど、改めて曖昧な理解であると気付き

言葉の一つ一つにこだわって意味を理解することの重要性を痛感しました。

学習会で沸き上がった疑問は、今後のNHECでの学習を通じ、参加者で明らかにしていきたいと考えています。

今後は、参加者から事例を出していただき、より実践的な内容を考えております。どうぞどなたもお気軽にご参加ください。

 

遠藤恵美子先生の講演会を開催しました(4月11日)

2015年4月13日 月曜日

IMG_1856

4月11日、武蔵野大学看護学部の特任教授、遠藤恵美子先生の講演会を開催いたしました。

多くの事例を用いて、初めてニューマン理論に触れた初学者にも分かりやすくご講演を頂き、参加された皆様より

「ニューマン理論に基づいて看護を実践したい」「自分の実践と理論が結びついた」「もっと知りたい」

「看護師も成長できるという点で、非常に興味がある」などの感想を寄せていただきました。

目の前の患者さんやご家族(あるいは時により学生や同僚かもしれません・・)

を何とか助けたい ‟I care you”の精神で関わることが重要であること、

看護師にとってケアリングは「ねばならない」倫理規範であることを改めて学びました。

さて、これからは5月よりいよいよN-HEC学習会が始まります。

ぜひ一緒にニューマン理論を学び、ニューマン理論に導かれた看護実践を追求しましょう!

関心がある方ならどなたでも大歓迎です。お申し込みは専用フォームからお願いいたします。